石垣島BIRD観察

***訪問して頂いた方へ*** 飛翔写真を中心に、石垣で出会えた野鳥/生態写真を掲載しています。

カタグロトビNO4

_BA02635.jpg

_BA02665.jpg

_BA02703.jpg

_BA02777.jpg

_BA03070.jpg

_BA03368.jpg

_BA03075.jpg
1〜3 巣立った直後カラスに叩き落とされ危険な目に遭ったいますが、巣立ち16日目にハヤブサからの
    攻撃の時には両親がどんなに追い払っても執拗に襲い、流石にこの時にはやられたと思いました。
4〜7 今日で56日齢になり日々成長していて飛翔に余裕が出てきました。親鳥について飛ぶことが
    多くなりました。空中給餌も出来るようにもなっているようです。
  1. 2017/03/28(火) 20:10:15|
  2. 猛禽類
  3. | コメント:0
  4. | トラックバック:0

カタグロトビNO3

_CBA7827.jpg

_CBA8314.jpg

_BA03911.jpg

_BA04596.jpg

_BA06709.jpg

_BA08514.jpg

_BA08698.jpg


1 いつもは日の出前には観察に入っているのですが、前日から雨が降り続き通常よりも少し遅れて到着
  するとメスはいつものように巣の近くに止まっていた。巣内を何度見ても雛は1羽しか確認できず・・?
  でも羽繕いしたり伸びをしたりしていて元気なのでどうなっているのか・・???でした。
  メス親が営巣木の上側に移動して約3時間近く止まっていました。時々巣には入るのですが、直ぐに出て
  きて同じ枝に止まっていました。 雛28日齢
2 3時間後メスが巣から離れてから約30分後カラスが巣に入り雛を襲って雛はパニックになって
  いました。この時まで巣は静かで何が起こったのか・・不思議でしたが確証できました。
  雛の異常な声がしても親鳥がカラスを追い払う事は無く雛は背を巣の底に当て足をカラスに向け
  抵抗してしのいでいました。約10分後今度は2羽が巣に入り風切羽を引っ張っていましたが
  カラスは諦めて飛び去って行きました。巣からメスが巣がカラスの影響を察し出来ないほど
  離れる事は今まで無かったのですが・・?残念です。夕方メス親の給餌が終わり親鳥が離れたので
  雛が落ちている可能性を期待して探して見ましたが、巣の真下に羽が散っていましたが2羽の
  雛は探せませんでした。
  その後1羽になってからは雛はカラス対処は上手くなっていました。それからのカラスの狙いは
  1番子は大きく成長していて巣内の残骸を狙いのようでした。
3 初めての一歩、初枝渡りは39日齢。体格的が近いツミと比較すると少し遅いか??
  兄弟が居なくなった影響も有ったのか・・?
4〜7 枝渡り5日目数メートル離れた場所に出て、6日目にはいきなり約300m以上
    巣から離れ、カラスに背に乗られ落とされたり約10羽のカラスに囲まれたりして
    大変でした。2度目は本当に心配しましたが無事オスが餌で巣に雛を誘導していま
    した。翌日は怖かったのか、夕方まで巣内でおとなしくしていました。

  
  1. 2017/03/27(月) 17:58:07|
  2. 猛禽類
  3. | コメント:4
  4. | トラックバック:0

カタグロトビNO2

_CBA3850.jpg

_CBA5326.jpg

_CBA7542.jpg

_CBA5787.jpg

_CBA5358.jpg

_CBA5360.jpg

_CBA2388.jpg

1〜3 1月2日にメスが抱卵に入り雛の嘴先端が初確認できたのが2月5日
    メスの巣内での動きから4日孵化日だと思われる?
(3)3羽の体格にばらつきがからりあるが、1番子と2番子が引っ張り合いしている
    間に入ってチャッカリ摂餌している3番子。親からの給餌ばかりだと1番子が有利に
    なるが、雛同士での摂餌ではお互い引っ張り合うので3番子も順調に育っているのでは・・?
4   抱卵中・育雛時期でもマウンティングはしていましたが、メスが時折うるさいのか?オスを
    威嚇することも何度か有った。
5〜6 オスから受け取った大きなネズミを、メスは巣内に出入りするのを見かねた?オスが後方から
    奪い取って調理?した後、巣入り口に持って行き巣内のメスに渡していた。
    雛が大きくなり巣内が手狭になりメスは巣内で千切れず、外ではカラスが邪魔をされるので
    何度も出入りしていたと思われる?
    成鳥の受け渡しを足で受け取ったのはこの時だけだった。
7   通常はオスが営巣木近くで調理?してから渡していた。

●今回の抱卵期では、オスとメスの交代が前回よりも少なかった。孵化してからは前回同様オスは餌運び
 に専念して巣内での雛の給餌・見張りはメスがしていた。
 
    
  1. 2017/03/26(日) 21:01:52|
  2. 猛禽類
  3. | コメント:4
  4. | トラックバック:0

カタグロトビNO1

_CBA6944.jpg

_BAC2398.jpg

_CBA9119.jpg

_CBA2328.jpg

_BAC4552.jpg

_CBA0190.jpg

_BAC7101.jpg

_BAC2244.jpg

_CBA9394.jpg

_CBA2676.jpg

1〜2 9月28日に台風で落鳥した後数日後にはマウンティング行動が見られた。
3〜6 10月中旬には巣材を集め造巣行動が見られ始める。
    その後巣作りを数カ所場所を変える。(5箇所確認)
    造巣はペアでしていたが、メスの方が活発に動いていた。
    枝を折って集め上部は枯れ草(海岸からビニール紐等)を持ってきていた。
7〜8 造巣中カラスが邪魔をする事が多かった。
9〜10 12月中旬から求愛給餌が見られた。1月2日抱卵日の10日位前?までは2羽で索餌行動
    をしていた。メスはオスから求愛給餌してもらいながら抱卵日まで造巣していた。
    メスはオスから給餌を受ける時に、爪を向けていくことは無く必ず嘴で受け取っていた。
  1. 2017/03/25(土) 22:09:37|
  2. 猛禽類
  3. | コメント:0
  4. | トラックバック:0

河口近く

_BA02483.jpg

_BA02456.jpg

_BA02394.jpg

_BA02376.jpg

_BA02347.jpg

_BA02337.jpg

_BA02301.jpg

_BA02139.jpg
1〜4 シギチ観察で河口に行ってみると皆綺麗になっていました。3隠れているつもりのムナグロ。
5   マミジロツメナガセキレイ??
6〜7 マミジロツメナガセキレイ・ツメナガセキレイの大群が飛来していました。
8   巣立ったカタグロトビ幼鳥です。次回からカタグロトビ掲載します。
  1. 2017/03/25(土) 20:47:09|
  2. 野鳥
  3. | コメント:2
  4. | トラックバック:0
次のページ

FC2Ad